サイトマップ

当院の設備について

心電図検査
不整脈や狭心症などの心臓病を調べる検査です。
胸に6カ所、手足に4カ所の電極をつけて心臓の電気的な働きを調べます。

ホルター心電図検査
不整脈や狭心症の症状は、胸のドキドキ,脈の乱れ,胸の痛みや不快感ですが,来院時に消失している場合が多く、短時間の心電図検査のみでは正確な診断を下すことが出来ません。その場合、長時間(1晩〜1日)にわたり、不整脈や狭心症の有無をホルター心電図検査で調べます。
ホルター心電図検査は、長時間(1晩から1日)心電図を記録する検査です。
胸に電極を付け、機械を腰に付けます(約15分)。
いつも通り生活をし、行動の記録をつけていただきます。入浴も可能です。翌日、機械をはずします(約5分)。
結果は当日ご説明いたします。

超音波(エコー)検査
超音波を用いた検査です。
ゼリーを検査部位に塗り検査をします。
心臓エコーでは心臓弁膜症、心筋梗塞などの病気の有無を、腹部エコーでは肝臓、胆のう、膵臓、腎臓などの病気の有無を、頚動脈エコーでは頚動脈の動脈硬化の程度を調べることが出来ます。

呼吸機能検査
肺年齢を調べることが出来ます。
肺活量や肺から空気を吐き出す能力を調べます。
慢性閉塞性肺疾患(COPD)、気管支喘息、間質性肺炎などの診断に役立ちます。

血圧脈波検査
血管年齢を調べることが出来ます。
動脈の硬さやつまり具合を調べ、動脈硬化の程度を判断します。
動脈硬化が進みやすい糖尿病、高血圧、脂質異常症(高脂血症)、喫煙中の方は検査が必要です。

デジタル自動血圧計
腕を通して、スイッチを押すだけの全自動血圧計です。
簡単に血圧のチェックが出来ます。

酸素濃度計(パルスオキシメーター)
血液中の酸素濃度を測定します。
指にはさむだけで計測出来ます。
肺や気管支の働きを調べます。

デジタルX線画像診断システム
レントゲン検査の撮影画像を現像することなく、デジタル処理します。
現像液が不要で環境にやさしいシステムです。撮影画像は、モニター画面で確認し、ご説明いたします。
レントゲン検査
レントゲンを使って体のなかの状態を調べます。
肺、心臓、腸、腎臓、骨などの病気がわかります。
自動体外式除細動器(AED)
命を失う不整脈を早期に発見・治療するために自動体外式除細動器を設置しました。