サイトマップ

内科・循環器科・循環器内科について

内科について
風邪やインフルエンザ、頭痛や胃腸炎・気管支炎・糖尿病・貧血など生活習慣病に幅広く対応いたします。
内科は、急性・慢性に問わず医師の知識と技術が要求されます。
風邪やインフルエンザに関しては感染する可能性がありますので体がだるいなどの症状が出ればご相談ください。
治療方法は、主に漢方薬・薬物投与となります。
頭痛
頭の痛み方や痛みが続く期間によって起こる病気もあります。
胃腸炎
ストレスや食生活によるものが多く、胃腸炎から胃潰瘍になる可能性もあります。
気管支炎
タバコなどの原因で起こる、気管支の炎症を指します。
糖尿病
肥満を基本発症するタイプ・血糖が極めて高くなるタイプがあります。
治療法が全く変わりますので、医師に相談しましょう。
貧血
体の酸素欠乏によって起こるもので、症状は体全体に広がります。
循環器科・循環器内科について
狭心症・心筋梗塞・虚血性心疾患・不整脈・心臓弁膜症・心筋症・動脈瘤・閉塞性動脈硬化症・肺塞栓症などを診療する科です。
症状がないため、気付かずに進行してしまうケースが多い病気です。
そのまま放置していると、脳・心臓・腎臓・血管など、全身のいろいろな場所に病気を起こします。
治療方法は、主に心電図検査・エコー検査・脈波測定・CT検査・ペースメーカー埋め込み手術となります。
狭心症
心筋への血流が悪くなるために一時的な胸の痛みを感じるようになります。
心筋梗塞
心臓の筋肉細胞が死んでしまって、機能が低下することです。急に発症することがほとんどで、突然死に至る場合もあります。
虚血性心疾患
心臓に充分な血が行き渡っていない状態で、胸痛などの症状として現れます。
不整脈
心拍リズムが不規則であったり、異常に多い・少ないといった状態です。心電図で異常が見つかればホルター心電図検査を行います。
心臓弁膜症
心臓に障害が起き、働きをなくした状態を指します。心臓弁膜症は自然には治りません。内科的治療・外科的治療は患者様の状態で決定します。
心筋症
心室が拡大・心室の壁が肥圧したりして心臓が正常に動かなくなる状態です。重度の場合は心臓移植の選択しかありません。
動脈瘤
血管の壁が薄くなって大きく膨らんでくる状態です。小さく膨らむものから全体に膨らむものもあり、破裂すると死に至ることもあります。
閉塞性動脈硬化症
足の血管が詰まり、血の巡りが悪くなる病気です。症状は足が痺れる等、はっきりと出てきます。
肺塞栓症
血栓が動脈に詰まり、呼吸困難・胸痛を引き起こし、心肺停止に至る可能性のある病気です。
これらの病気は「早期発見・早期治療」が大切です。